FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 2025

丹波の黒豆

 ブログでお世話になっている『ひろせ堂めいど商会』様からご相伴にあずかっております、丹波の黒豆。黒豆と申しましても、完熟の乾燥カチカチ豆ではなく、フレッシュな若豆、つまり枝豆の状態でいただいたのです。有難いことこの上なしです。

 黒豆の枝豆というと、思い出すのが、まんが『美味しんぼ』(1988-1992)の初期のエピソードで、ビヤホールのお話。苦労して手に入れた黒豆の枝豆を、色が黒っぽいからって「傷んでる!」と怒り出す無知な金持ちと、本質を追求するがために黒豆を提供する年老いたバーテンダー?との間を山岡士郎が立ち回る話だったかと思います。それ以来あこがれ続けた黒豆の枝豆。ひろせ堂様お薦めのやり方でまずいただきましょう。

 豆は、よく洗ったら鞘の両端を切り落とし、塩もみ。

端を切って塩もみ

 傷口から塩を染ませて、そのまま熱湯で茹でる。

 私は固めが好みです。

大粒の枝豆

 あこがれの黒豆の枝豆、どうでしょう?

ミルクのように美味い

 うは、まず粒が大きい、金時ぐらいある。そして噛みしめると、ミルクのようなコクがじいわりと沸いてきて、粉となって口に広がる。噂に違わぬ美味さです。塩っぽくなった指を舐め舐め、次、また次とぽいぽい口に運んでしまいます。

 食べきれなかった分は、鞘から出して甘煮。

食べきれない分は甘煮で

 煮汁はお湯に砂糖、お醤油がほんの僅か入っています。こいつがまた美味い。

 豆の在庫はまだまだありますので、いろいろと品を変えて、いただきたいと思います。

 普通に食事ができるのも、あと二週間、存分に楽しみましょう。





スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/11/01(日) 10:51:54|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜園記 344 | ホーム | 玩具工作控 684>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3715-2dfbca13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
料理・食 (1892)
時計 (322)
家庭菜園 (365)
玩具・造型 (752)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (35)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR