FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 679

ゴヂラを作ろう 25

 和風怪獣もだいぶ形になってきましたところで…

肉付け終了

 今回は、彫りの作業です。

 映画に出てくるゴジラではなく、ウロコの模様で和風にしてみたいので、イメージのために鉛筆でアタリをつけてみる。

ウロコのあたり

 魚類のような丸いウロコにするか、ヘビみたいな尖ったウロコにするか?ちゃんと考えもせず、思ったままに殴り書き、後はひたすら彫刻刀で彫ります。彫ると申しましても、三角刀で線を引くだけですが…

ひたすら彫る

 彫って彫って、周りは粉だらけ。それだけではなく、白いものを彫ってるでしょ?目も衰えていますから、どこをどう彫ったか分からなくなるのです。

 そんな時は、鉛筆の粉をつけた指でこすって、彫った個所を視覚化するのです。さらにに歯ブラシでこすりますと、エッジが丸まって、若干の艶も出ます。

歯ブラシでエッジを丸める

 こんな調子でウロコを彫りましてイメージを確認。

ウロコを彫りました

 勢いでガシガシ彫りましたら、結局尖ったウロコになりました。
 しかし、ウロコなのになぜ表面がごつごつしているのか?ウロコというものは表面を滑らかにするために発達すべきではないか?と思ってしまいますが、私のイメージでは、フジツボが付着したクジラの皮みたいな、デカい生き物が長生きしているような感じにしたいので、このようにしました。

ゴツゴツしているわけ

 ウロコの表情としては、面積の広い常に日に晒されるようなところは、大き目で荒っぽい感じで、一方、内股のようなよく動く場所は、伸縮するようにできているわけで、細かくてやわらかそうな表現になります。

付け根の処理

 そういった柔らかそうな部分は、ワニを参考にしまして玉斑〈たまふ〉風で彫りました。

内股の処理

 何となく全体像が見えてまいりました。

全体像のやや完成

 次は、顔の周りですかね。

 今回はここまで。


 



 








 





 

 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/01/18(月) 10:49:20|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 2042 | ホーム | 菜園記 351>>

コメント

東照宮のどこかに鎮座していても違和感がないような。
  1. 2021/01/19(火) 15:04:08 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になっております。
勿体ないお言葉に恐縮です。
嬉しすぎて漏らしそうです。
さてどんなのが出来ますことやら?
  1. 2021/01/19(火) 18:34:21 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3764-2b614ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
料理・食 (1857)
時計 (307)
家庭菜園 (351)
玩具・造型 (717)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (32)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR