FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 307

アンタいったいどっちなの?
持ち主の気持ち… の巻

 KSかGSか、どっちだか分らなかった古い時計をバラしてみたら、GS5646-7010だったということが分かりまして、ちょうど機械が組み上がったところです。

22-組み立てました

 今回は最後、外装部分の掃除です。こちらは完成側。

24-側です

 ステンレスのベゼル付き二体構造、ガラス風防の存在感がいいですね。

 バラしてみると、このような部品で構成されています。

25-側の構成

 側にパッキンを詰めて、ガラスを押し込み、ガラス縁でロックする構造です。

 せっかくのステンレス側なので、ちょっと表面を撫でて小傷を減らしてみよう。

26-上斜面を磨く

 まずは、青粉で全体をすりすり。

 側面は本来ミラーですが…

27-傷の側面

 小キズ隠しと上斜面とのメリハリを利かせるために、中目のスポンジヤスリで目付を入れました。

28-ヘアーラインを入れました

 こっちの方がいいかも。

 ガラスを組んで、りゅうずのパイプにシリコンを塗ったら、側完成。

29-手入れした側

 機械を組み込み。

30-機械を側に組み込む

 最後に錘を取り付ける。

31-SEIKO5646.jpg

 グランドセイコー5646-7010、ヘッド完成です。

32-ヘッド完成

 こちらは側面形状。

33-ヘッド側面

 もっともポピュラーな56GS側と言われている形だそうです。

 さあ、ここでバンドです。好みで申せば黒っぽい革バンドにしたいところですが、今回ついていた金属バンドが凄いので捨てがたい。

 ご覧ください、驚異のSS中13列つなぎ。

34-驚異の中13列バンド

 先カンこそ一体ですが、本体の中駒はバラバラですよ。故にしなりも滑らか。無垢先カンで側への取り付け寸法もピッタリ、今回はこれで行きましょう。

 汚れを落としたら、板に貼り付けて、まずは青粉でバフがけ。仕上げは中目のスポンジでタテ目付け。

35-板に貼ってペーパーがけ

 駒側面はミラーのまま磨いてキラキラを高める。

36-バンド仕上がり

 バンドの手入れも、このくらいでいいでしょう。

 ヘッドに取り付けまして、GS5646Aの出来上がりです。

37-掃除終了

 これがまた使ってみたら優秀で、実用オッケーです。

 昔の箱といっしょに撮影してみましょう。

38-昔の箱に入れてみた

 断っておきますが、この箱と時計は別々に入手したものなので、当時の再現ではありません。でも醸す高級感は昭和ムードたっぷりで温かい気持ちになります。

 今回の控え グランドセイコー5646A 25石 1971年 当時価格46,000円 でした。

 この時計、まじまじと眺めてみてわかりました。

 何がって?

39-シンプルにまとめた意図がよくわかる

 前の持ち主の気持ちですよ。
 細い縁、シャープな反射光、そして繊細でフラットなバンド選びを見ると、シンプルモダンなデザインが好きだったんだろうなぁって。ゆえに実用的かつシンメトリーを乱すデイデイトのカレンダーは目障りだ。そこで馴染みの時計屋さんに頼んで、同型のプレーンな文字板への交換を頼んだ。だってそうでしょう?普通に使って文字板は中々壊れませんから、破損による文字板交換とは考えにくい。ま、衝撃で植字が取れることはあったかもしれませんが、そうだったらそのまま直すでしょうし、純正文字板に交換するのが普通です。敢えてデザインの違う文字板に交換するのには、それなりの意志が働いているとみて良いでしょう。
 完成を御覧なさい、バンド、側、文字板、すべてがモノトーンに整っていてシンプルにまとまっているではありませんか。細い針を受け止める全周棒字のあっさり顔。生活臭がプンプンするカレンダーがなくなって、少し気品が上がりました。新しい顔になった時計を受け取った持ち主は、手首に巻いて前後に向きを変えながら「うん、やっぱりこっちのほうがいいね」って笑っていたに違いない。

 …なんてね、古い時計を見て情景を妄想する快感。
















 




スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/03/31(水) 10:05:56|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 2066 | ホーム | 食味雑記 2065>>

コメント

いつも楽しく拝見しています。
どうしてKSダイアルに変わったのか?この辺りの推理が良いですね!
  1. 2021/04/01(木) 10:16:46 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になっております。
こういうヘンテコ物件に出くわすと、さらに喜ぶ変態おじさんでして、今回はなかなか面白かったです。
KSとGSというと、亀戸と諏訪の対抗品のようなイメージを持っていましたが、互換性もあったんですね、見識を改めました。
  1. 2021/04/01(木) 12:47:06 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3826-a7bf91ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
料理・食 (1891)
時計 (322)
家庭菜園 (365)
玩具・造型 (751)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (35)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR