FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 312

The Congress Watch 2

 懐中時計の機械です。

9-時計側

 さて解体しようかと、テンプに手を出しましたら、おや?これはシリンダー脱進ではありませんか。古いタイプの脱進方式です。

 こういうやつ↓

cylinder_escapement_2021042508455812f.jpg

 普段多くみられるのは、貴石アンクルという部品がテンプとセットになって運動速度を制御する“ジュエリー脱進”という仕組みですが、今回のは、テンプの軸にコの字に切り欠いた筒がついていて、鍵状の歯車を送っては止め、送っては止めを繰り返す方式です。

 そっとテンプを外してみる。出た、これがシリンダー脱進用のガンギ車です。

10-シリンダー脱進のガンギ

 で、古くて固まっていたおかげでテンプを外せましたけど、この時点でゼンマイをほどいていないので、本当だったら猛回転でゼンマイがほどけて危ないんです。案の定、しばらくして、ズルズルズル…ジョワーンっとゼンマイがほどけ始めました。

 ほどけ切って落ち着いたところで、一枚受けを開ける。

11-時計輪列

 実にシンプルな時計輪列です。でも、香箱(動力ゼンマイ)のストッパーがここにもありません。

 バラしてみた。

12-バラしてみたが

 やっぱり無いですねえ、という事は文字板側か?

 裏返してみる。

13-文字板側にコハゼがある

 ありましたよ。なぜ、前回気づかなかったのだろうか?“コハゼは時計側”という固定観念に囚われていた自分が悪いんだが、つまりこの機械は、文字板を外してからゼンマイをほどく手順の設計なんですね。だとすると時計側でゼンマイがほどける今の姿にくらべ、かなり工数を要して不便である。ということは、それ以前の古い形式か、そうでなければ変わり者設計ということですね。

 まあこういうものもあるんだなあ?と一人納得して、部品を洗って組み直し。

14-部品を洗って組み直し

 ところが、アンクルが無いからゼンマイは常にほどけている状態です。

 動くかどうかはテンプをつけて初めて分かる。

15-機械組立

 ダメですね、動きません。よくよく見たら、シリンダーの開口位置が悪いらしく、ヒゲ持ちの差し込みを深くしたりしてみたら、何とか少し動きました。元々実用には向かないので、観賞用として楽しみましょう。

 文字板と針をつけました。

16-素敵なローマ数字

 やっぱりヨーロッパの人が書いたローマ数字は美しいですねえ。線の強弱、縦横比、レール切分との間の取り方など、どれも見ていてうっとりです。

 側を掃除しましょう。

 蓋の内側には犬の刻印。

17-犬の刻印

  TAVANESS〈タバン〉のワンコに似てますが、少し調べてみたら、ここにたどり着きました ↓

 http://www.mikrolisk.de/show.php?site=280#sucheMarker
 
 このサイトに飛んだら、ならんだアルファベットから文字を選んで下の黒い欄に“hund”〈犬〉と入れてみますと、犬系の登録商標が出てきます。そして頭文字“T”のところにこいつを見つけました。

trusty.jpg

 記載によりますと、登録は1884年、申請元は“Schwob Frères & Cie.”というメーカーなんだそうだけど、ま、それ以上はわかりません。ただ、そのメーカーは1892年に消滅されているようなので、1890年前後の時代ものかな?と推測するのみです。
 参考:Armand Schwob&Frère

 最後、きれいとは言えませんが、掃除した外装です。

18-掃除した外装

 機械を組み込みました。

19-組み込み終了

 良い味わいです。蓋に映り込む機械もまた嬉しい。

20-蓋に映る機械

 勢いはないけれど、カシャカシャとした中にチンチンと微かに響く金属音がシリンダ脱進の声。目を閉じて100年の音を愉しむ。

 本日の控え The Congress Watch フルハンター15型 シリンダー脱進 1890年ぐらい(推定) でした。

21-The_Congress _Watch

 しかし!このあと欲を出して、さらにヒゲ調整を試みようとテンプを外そうとしたら、うっかり!文字板を開けないとゼンマイをほどけないことを忘れており、緩めた刹那、鍵状ガンギの猛回転にヒゲを取られ、修復不能となりました。

 もうイヤ!時間を巻き戻して!




 


 



 










 

スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/05/05(水) 10:42:07|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 2077 | ホーム | 食味雑記 2076>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3872-49cacec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
料理・食 (1891)
時計 (322)
家庭菜園 (365)
玩具・造型 (751)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (35)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR