FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 318

CITIZEN JET AUTODATER 1

 国産腕時計昭和の旅でございます。

 今回はシチズンジェット・オートデーターです。

1-ジャンクのジェット

 振れば動きますが、見ての通り汚れとキズでボロボロのジャンク品です。

2-アシのキズかすごい

 外径37.5ミリの丸型スタンダードなデザインです。

 大きなボックス風防。

4-大きなボックス風防

 日付の位置に内面レンズがついているので、その分、総厚が厚くなっています。

 裏面です。

3-固着した汚れ

 皮脂か錆か、固着した汚れが掃除屋魂をくすぐる。蓋の製造番号からすると1965年(昭和40年)製らしい。

 裏蓋を開けてみよう。

5-裏蓋を開けたところ

 外周を取り巻くように設置されているのが、ジェットロータと呼ばれる回転錘です。自動巻きの回転錘といえば、中央から伸びた扇型が主流ですが、これは、重ねないで外周を囲むという薄型設計を目的とした形です。

6-ジェットローター

 ちょっと右に回してみましょうか?

7-右に回してみる

 錘の歯(ギザギザ)に接しているクラッチ車が右にずれて、ルビーの方の車を反時計回りに回します。反対に、左に回すとクラッチが左にずれて白ブッシュの中間車を時計回りに回すので、接するルビーの方はやはり反時計回りに回るという、錘がどっちに回ってもゼンマイを巻きあげる両回転巻き上げ式となっています。

 錘を外します。

8-ローターを外しました

 錘は、機械から羽根ように貼り出した三枚の板に引っかかる形て留まっていました。

 こちらは外したジェットロータ単体です。

9-ローター単体

 裏返し。

10-ローター内側

 金色の輪っかが二層になってボールベアリングを挟んでスルスル回り、ギザギザ下(写真では上)の溝に三枚の羽根が挟まり込んで機械に留まっているという構造です。

 錘のお話はこの辺にいたしまして、ベゼル、風防を開けますと、見返しリングが外れます。

11-ベゼル風防見返しを外しました

 リングの裏には切り欠きがあって、文字板との回転ズレを防止しています。

13-リングには切り欠きが

 文字板の方には突起が出ていて、パチっと噛み合うと、時字と切分(分目盛り)の位置関係が合うという寸法です。

12-回転止め突起

 機械を取り出しまして、文字板を外しました。

14-機械を取り出した

 国産初のカレンダー付きの自動巻き、シチズンcal.1120です。カレンダーの早送りは時針の往復(9時から12時)によって行われる初期型の仕組みです。

 次回は機械の分解です。


 









 













スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/06/16(水) 10:38:03|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 2090 | ホーム | 食味雑記 2089>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3917-41014e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
料理・食 (1911)
時計 (329)
家庭菜園 (372)
玩具・造型 (771)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (36)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR