FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 321

CITIZEN JET AUTODATER 4

 昭和40年ごろのシチズンジェットの側を洗ったところですが、前の持ち主がつけたと思われる派手なキズ。

33-このキズはおかしい

 四本のアシが全部こうだからたまらない。改造は本意ではありませんが、形が変わるのを覚悟して、棒砥石でカサカサ削りましょう。

35-これは削りましょう

 棒砥石でキズを撫でて、青粉でフェルト磨きをしました。

36-少し丸まってしまったが

 フラット面が放つキレは、優しいイメージに丸まってしまいましたが、デコボコキズよりはマシかと思います。

 裏面も同じように処理しました。

37-裏もおなじく

 これで側の手入れはよろしいでしょう。

 風防側から機械を収めます。

38-機械を嵌める

 ここへボックス風防を被せて、文字板リングもろとも抑え込む。

39-風防を被せる

 ずれないように納まったら、裏返して側止めネジで機械をロックして回転錘“ジェットロータ”を取り付け。

40-ネジ止めしてローターをつける

 裏蓋、ベゼルを締めたら、ヘッド完成です。

41-ベゼルを締めてヘッド完成

 さてバンドはどうしましょう?革バンドもいいですが、今回は昔の金属バンド、この辺はいかがだろうか?

42-この辺のバンドはどうか

 ピン巻き中三列、おまけに奇跡的に先カンが合うときたもんだ。これは中々稀有な出会いです。前々回も話に出ましたが、先カンという部品はこれです。

42-2珍しい巻き先カン

 これは、厚み、カーブ、巾、穴位置の全てが側と合わないとフィットしないので、デザインが気に入ったからといって、何にでも使えるというものではありません。しかし今回は巡り合わせのように寸法が合いました。おまけに写真でおわかりでしょうか?カーブした面が切断面ではなく、内側に丸め込まれてますね、これは珍しいです。当時を表す加工ですね。曲げの先カン、普通は板の切断面になりますが、このひと手間は今や絶滅したと言ってよろしいかと思います。

 ヘッドに取り付けまして、ジェット・オートデーター復活です。

43-ジェットオートデータ-完成

 シンプルかつ機能的なデザインですね、60年近く経っても古く感じさせない普遍的スタイルです。

 本日の控え CITIZEN JET AUTODATER cal.1121 21石 1965年製 当時価格10,000円 でした。

44-シチズンジェット

 これがまた使ってみたら優秀でして、実用オッケー。二日で1分遅れるかどうかといった具合です。









 






スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/07/07(水) 11:11:58|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 2097 | ホーム | 食味雑記 2096>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3920-0f16089a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
料理・食 (1911)
時計 (329)
家庭菜園 (372)
玩具・造型 (771)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (36)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR