FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 23

100年もの?

 すごいジャンクです。
スゲェジャンク
 何がすごいって、その汚れっぷりです。文字板、ケースは真っ黒、ベルト掛けはグニャリと曲がっております。こんな外見だからこそ、中身が気になります。

 それでは探検の旅に出てみましょう。

 まず裏蓋を開けました。
裏蓋を開けました
 ムーブに小さく[SWISS MADE] と打ってあります。材質は一見真鍮かとおもいましたが、メッキっぽいですねぇ。
 あけた裏蓋のほうには…
裏蓋内面刻印
 こちらは銀製を表す刻印です。[925]とありますからいわゆる[SV925]スターリングシルバーと呼ばれるランクでしょうか。なるほど、だからケースが真っ黒だったんだ。それと手書きでちょこちょこと…何々?[3/55B 英字は判読不能] と [4143 A/10/32] だと?最後の部分は日付かな?A=8月、10日/1932年?製造日かな?だとするとなぜ?製品なら製造日を打刻すればよいものを…ん?しかし1932年だとすると職人一人一人の手組みですね。もしかして組みあがりにひとつひとつサインしていたのでしょうか? 裏蓋表側には何の表記もございません。

 次にベゼルを外しました。
ベゼルを取りました
 うひゃぁ~すごい状態です。印刷はほぼ飛んで消えております。夜光と思しき痕跡が数字にいくらか残っているだけです。秒針がサブダイヤルの広さに比べて極端に短いのが、微笑ましいです。

 続きまして、針と文字板を外しました。
ムーブ表側
 ヤスリ痕が何となくその厚みを感じさせる地板に、なにやら刻印が二つ。
 丸に[AS53]と盾のようなマーク。
 [AS]といえば、以前控えておいた「アドルフ・シールド社」を思い出しますが、マークの輪郭が違います。はて?
 もうひとつの盾のようなマークは、古本の中に見つけました。
Ebauches_Trust.jpg
 [Ebouches Trust]とあります。この語句を手がかりに検索してみましたらこちらにたどり着きました。
http://watch-wiki.org/index.php?title=Ebauches_SA
 こちらによるとこのマークは1936年時点で使用されていた「信頼の証」みたいな刻印だったようです。そして以前控えたアドルフ・シールドの瓢箪マークの始まりが1939年とありますから、丸にASでも合点がゆきます。結果、エボーシュメーカーは[A・Schild S.A]社と判明したわけであります。(参考サイトにも書いてありますしね)
 
 ふぅ…メーカーが判明しましたところで今回はこの辺で、次回裏側の探検へとまいります。
スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/13(木) 20:58:22|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 131 | ホーム | 玩具工作控 130>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/646-d8bb2a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR