FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

紀行控 9

生姜のたまり漬けと夜鴉銀次〈よがらすぎんじ〉

 いよいよ大型連休が始まりました。
 今朝は白いお粥に生姜のたまり漬けです。
好物の生姜たまり漬け
 生姜のたまり漬け、コイツが好物でしてね、コリっとかじりますとそれだけじゃあしょっぱいんです。ゆるめのお粥をさらさらと含みますと、たまりのコク味と生姜の清涼感がふわーっと分かれて広がって、お粥の米味もよく引き立つのです。飲みすぎでもたれた胃袋にピッタリでございますな。

 また飲みすぎか!

 そうなんです、昨日おととい<4月29,30日>と鬼怒川温泉に行ってまいりました。
鬼怒川

 いやあ~飲みましたねえ。ずうーと飲んでました。行きの電車、浅草から始まって風呂上り、夕飯、部屋飲み、帰りの電車、仕上げに新宿の居酒屋で…、もういい加減にしてもらいたいね。自分で言ってりゃ世話ねえや。

 超格安旅館については申しますまい、ツッコミどころ満載で悪口みたいに聞こえちゃいますからね。そうなりゃ営業妨害だ。しかし結構な収穫もありました。それがこちら…
劇団五月
『劇団五月』の人情芝居。これがよかった。

 雨宿りを求めて老人の元へ入り込んできた黒尽くめの若者は、お尋ね者の『夜鴉銀次』であった。
 身の上話を語りあう二人。そして互いに符合する過去。お馴染み、生き別れた親子の物語。そこへ皮肉にも十手持ちとなった後添えの息子が帰ってくる!
 「銀次 御用だ!」
 「待ってくれ!そいつはお前の…」

 さあ、職務をとるか人情をとるか?どうする十手持ちの弟!?若いサラリーマンの課題演劇として見せてやりたい深いドラマ展開。
 おっと、話が逸れた。

 さてクライマックス、真人間になって旅立つ銀次に金子の入った胴巻きを渡す親父。
「いただいときやす。では…」
 歩き出す銀次、するするすると伸びる胴巻きの紐、端を握って放せない親父。
「行かないでくれぇー」
 叫ぶ声を後ろ髪に、紐を引きちぎり走り出す若者。
「とっつあーん、幸せになってくれぇぇー!」
 叫ぶ声も涙声、雨に消されてしまいます。
 
 ここで幕。

 うぅぅ!わかっちゃあいるけど泣けてくる。胴巻きの紐が伸びるとか、声が雨音で届かないとか、そういったシンプルで明快な演出が発揮する威力をまざまざと見せ付けられました。銀次を演じる冴月拓夢改め二代目五月直次郎さん、当年十六。科白まわしも初々しく、見せ場ではきっちりと聴衆を引き込みます。旅の役者として幼い頃から叩き込まれたであろう芸の数々身のこなし、親の脛かじりのクソガキどもに見習わせてやりたいね。あどけなさの残る中にちらりと覗く色気がたまらなく可愛かったです。

 そんな流れでの今回の収穫。
鬼怒川みやげ
 冒頭での生姜のたまり漬け、劇団五月の瓦煎餅、そして定番の温泉饅頭でございました。
スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/01(木) 13:00:43|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 301 | ホーム | 玩具工作控 149>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/709-52eb6e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR