FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 75

お野菜図鑑

 今日<8月1日>は、夕方4時すぎに畑を見てまいりました。
 
 そうしたら、んまぁー!50粒くらいつけた大房のミニトマト。
50玉くらい着いた大房
 これでひと房ですよ。全部赤くして房獲りしたら、さぞかし写真栄えするんでしょうけど、ご覧の通り熟し方はバラバラなので、赤いところから食べてゆきます。

 そして本日の収穫。
8月1日の収穫
 これらを持ち帰りまして、今日は趣向を変えまして図鑑風に控えておきたいと思います。

 まずはこちら
香菜
 香菜 〈シャンツァイまたはコウサイ〉
 またの名を コリアンダー、コエンドロ、中国パセリ などと呼ばれているセリ科の一年草。葉っぱも茎も強い香りを放つため、苦手な人も少なくありませんが、好きになると病み付きになる香草です。私はそれほど好きではありませんが。(じゃあなんで育てているのよ)
 カレーやインスタントラーメンにちょこっと加えるだけで、アジアンテイストがグッと高まるので、夏場の添え味に重宝です。
 熟した実も清涼感ある香りのスパイスとしてカレーなどに用いられます。

 おつぎは
バジル-1
 バジル バジリコ、めぼうき などとも呼ばれるシソ科の一年草。
 イタリア料理でおなじみのトマトと相性がよい色と香り。そして栽培上もトマトと一緒に植えるとお互いに好影響をもたらすと言われているので私もコパニオンプランツとして混植しています。たくさん獲れると木の実、ニンニクと擂り潰してバジルオイルを作っています。

 続いてはこちら
ツルムラサキ
 ツルムラサキ 〈蔓紫〉 ツルムラサキ科の一年草。
 ツルも葉っぱも茹でておいしい熱帯野菜です。ちょっと土臭い感じが苦手なかたもおられると思いますが、かく言う私も苦手です。(じゃあなんで栽培するのよぉ)葉ものの少ない真夏に重宝ですね。そして一度植えますと、翌年も自然に発生してぐんぐん育つ虫や病気にも強いラクチン野菜です。

 お次はおなじみ
青紫蘇
 アオシソ 大葉とも呼ばれるシソ科一年草。
 これも丈夫ですね、昨年のこぼれ種から自然発生したものです。今の時期がいちばん葉が充実していて美しくおいしいのです。冷奴によし、お味噌汁に少し加えるだけで夏を感じさせてくれる日本のハーブです。意外にチーズとの組み合わせもよかったので、後で作って食べてみましょう。晩夏に獲れる実の醤油漬けもちょっとした小味に便利です。

 緑が続いたあとは
トマトいろいろ
 ミニトマト トマトそのものについては 蕃茄、唐茄子、アカナス などと呼ばれるナス科一年草。
 どなたもこの時期のトマトの美味しさはご存知のことと思いますので、多くは語りませんが、完熟のミニの果実味の甘さとほどよい酸味は、猛暑で疲れた身体にガっと力を与えてくれます。赤い色素は食欲をかきたて身体にもよろしいようで。生食はもちろんのこと、ジュース、ソース、炒め物、何でもこいの万能果実です。

 えー、今回はお野菜図鑑と題して控えてみましたが…たいしたこと述べていないねえ。


 




スポンサーサイト



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/08/01(金) 20:42:49|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 365 | ホーム | 食味雑記 364>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/855-78a48265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR