FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 45

WALTHAM Sapphire 2

 お得意先の木村さんからお預かりした95年前のウォルサムです。奮闘努力の甲斐あってムーブをケースから取り出せたところです。
1-文字板をムーブから外したところ
 写真はさらに文字板をムーブから外したところです。
 文字板の裏側はこうなってます。
2-文字板の裏側
 三点のアシで固定する方式です。かなり頑丈な設計。
 表側を見てみましょう。
3-95年の歳月を物語る文字板
 これが95年の歳月なのか。ここは手を加えずに、皮で拭いて茶色い汚れだけを落とすに留めましょう。
4-文字板の錆を軽く拭いてムーブにセットした
 そしてケースに入れ込み、ケースの中で組み立てることにいたします。

 では裏返して始めましょう。
5-まずはリュウズ周りから
 まずはリュウズ周りから…と申しましても、実際ここが一番難しかったです。写真でいうとカエルの頭みたいなプレートに隠されたカンヌキ(りゅうずを引いた時のステップを決める)とバネ、これらを何度飛ばしたことか。

 次に時計の輪列にかかります。
6-時計輪列を組みました
 一番受けに彫られた‘Sapphire’の字体が時代を感じさせます。

 そして見どころはここ、受け板の分割ラインとその仕上げです。
7-美しい受け板の仕上げ
 きれいですねえ、95年の花も嵐も踏み越えた外装とは打って変わってケースに封印されていたムーブはこの通りの美しさ。
 しみじみ見とれてしまいます。
8-しみじみ美しい

 などと油断してましたら悲劇が!

 風防ガラスを割ってしまった~。とほほ、泣きたい。せっかく95年の年月を、音と見た目で楽しもうと思ったのにぃ~。
 くー!くやしい。

 というわけで、風防は別物から採ったプラ製のものに置き換えまして、WALTHAM完成です。
WALTHAMのSapphire1919
 1/5秒テンポで“チチ チチ チチ”と奏でられる規則正しい金属と貴石のデュエット。驚くべきは一日一分ほどしか狂わない時計としての性能です。

95年の風格
 本日の控え WALTHAM(米) Sapphire 1919年 でした。
 製造されてから95年、この時計はどんな人の腕に触れ、どんな景色を見てきたのだろうか?





 





スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/24(水) 11:00:41|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<玩具工作控 199 | ホーム | 生き物控 34>>

コメント

うわぁ、素晴らしいです!!
この針はもともとこういう形状だったのでしょうか。
こんな風に中が抜けているって昔は結構あったのでしょうか。
なんとなくこの隙間に蓄光材が嵌っていたのかな?
なんて想像してしまいました。
  1. 2014/09/26(金) 14:25:15 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になります。
お察しの通り、針の抜きには蓄光が入っていたようです。数字も同様で、写真で赤茶けて見えるところが蓄光と思われます。さすがに95年も経ってますのであせてしまってますが…。これは昔の軍用時計などに見られる手法で、実用性に重きを置いていたことが推し量れますね。
  1. 2014/09/26(金) 21:30:51 |
  2. URL |
  3. 柊horii #6MY/GVW.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/907-3bd3fd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR