FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 207

アオシマ モグネチュードン 4

 アオシマ文化教材社のゼンマイで歩く怪獣シリーズ『モグネチュードン』の製作日記、いよいよ塗装に入ります。

 怪獣プラモの楽しみ方 その③ 好きな色に塗る
 思い思いの想いでイメージした色に塗るたのしみです。他人から何と言われようとも自分が信じた色で塗るクリエイト感覚がよいのです。飽きたらまた別の色に塗りなおす楽しみもありますし。

 今回もご丁寧に工程ごとに写真を撮っております。
 ますは全体をガルグレーでお腹のあたりを下塗り。
1-ガルグレー
 多くの場合、動物の腹がわは、背中に比べて色が薄いですよね。

 背から甲にかけてはミックスブラックで。
2-ミックスブラック
 ときおり出てくるミックスブラックは筆を洗った廃油ベースの黒です。

 それからこげ茶。
3-こげ茶
 土系の色が似合いそうなので。

 同じく土系統のサンドブラウン。
4-サンドブラウン
 あらら、全体が白っぽくなっちゃった。

 今度は刷毛塗りです。
5-鬣をダークグリーンで
 鬣〈たてがみ〉をダークグリーンで。

 それでは皮膚に濃淡をつけましょう。
 シワなどの凹み部分に、かたく絞った溶剤でなでて、先ほどの多すぎたサンドブラウンを洗い落とします。
6-溶剤でぼかす
 下地のブラックとこげ茶を表面に出すわけです。

 仕上げとして背中にメタリックのアイアンを軽く吹きます。
7-メタリックのアイアンを上掛け
 メタリックを忍ばせて、怪獣を重そうに見せようと思ったりして。

 そして布で凸部をこすってツヤだし。
8-拭いてつやをだす
 人って、金属=固い、重い っていう先入観がありますから、怪獣に鈍いツヤを与えると効果的なんじゃないかな?と思っています。もちろん怪獣の種類にもよりますけど。

 というわけでございまして、あとはヒゲを着けて、顔を描いて出来上がりですね。
 今回はここまで。





スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/13(木) 12:43:12|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 428 | ホーム | 修理くらし控 31>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/964-10fb6f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR