FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

修理くらし控 30

子ウサギを塗ってみよう

 女房が持ち込んできた木の板。ウサギ三羽で終りじゃなかったのです。小型のウサギ板がまだ二枚ありました。
1-子うさぎの型
 今回は二個いっしょに塗ってしまいましょう。

 まずはアイボリーで下地塗り。
2-アイボリーで生地塗り
 ここからスタートです。さてどんな色にしましょうか?やっぱり白とパンダでしょうか。

 では手始めに白でトントンたたきましょう。
3-白でたたき

 お次はこげ茶でトントン。
4-こげ茶でたたき

 ライトグレーで陰をつけましょう。
5-ライトグレーで影つけ

 ライトグレーで毛並みを描いて、ピンクで目鼻を入れました。
6-毛と目鼻をかく

 白で毛を描いてふさふさ感をだしました。
7-白毛部分の加筆
 目にハイライトを入れますと俄然活き活きしてまいります。

 黒毛、白毛を重ねていって完成です。
 仕上げにツヤ有りクリアーを塗りました。
8-クリアーで仕上げ
 今回ニスを切らしていたもので。

 軸棒にカシュー〈透〉を塗ってできあがりです。
9-子ウサギできあがり
 なんとなく子供に見えませんか?毛並みを立たせて子ウサギの感じを表現してみました。

 お外で写真を撮りましょう。

 白ウサギの親子です。
10-白ウサギの親子
 さぁ寄り道しないで帰るわよ。

 バンダの親子は?
11-パンダの親子
 今日もお世話になりました。

 そうです、ここはウサギの幼稚園。
12-ウサギの世界
 グレーは先生。子供を迎えに来たお母さんたちに子供を渡して… 「またあした」

 
 これにて板に絵を描くシリーズはおしまいですか?

 え?まだアヒルが残っている?

 まだ続きます。





スポンサーサイト



テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/04(火) 12:44:43|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 424 | ホーム | 食味雑記 423>>

コメント

うさぎ幼稚園

親子の可愛らしいウサギが出来ましたね。
保育園の花壇の雰囲気です。
雨に塗れると塗装が心配ですが、また彩色でしょうか。
模型と同じで時々のメンテが必要だったりして。

小人にリスにウサギと、賑やかな秋の庭です。
  1. 2014/11/04(火) 17:04:28 |
  2. URL |
  3. 努 #-
  4. [ 編集 ]

Re: うさぎ幼稚園

いつもお世話になります。
おっしゃる通り、小人を実用してましたら、ニスが剥げ落ちましてカサカサになっておりました。
幸いニスの上塗りをしただけで、色がよみがえりましたけど、落ちるのが早すぎます。
良い品物であれば、時がじんわりとアンティークな味を作り出すのでしょうけど、やはり素人塗りの薄い奴は軽くていけませんです。
  1. 2014/11/04(火) 18:23:50 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/981-3d85658e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR