FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 427

イカ飯西洋風

 残り物料理でございます。
 一昨日作ったヤリイカのオリーブ炒めの残りで、ご飯を炊いてみました。今回はスペイン料理のパエリヤの作法を真似ましてフライパンを用いました。

 それでは始めます。
 ます、フライパンに油を熱してお米を炒めます。
お米を炒める
 ついでにシメジをサービスしまして。

 やがてお米が透き通ってまいります。
 どうでしょう、この真珠のような美しさ!
透き通ったお米の美しさ
 怪獣ガマクジラもよだれを垂らす、この耀き。

 こうなりましたら、イカを刻んでくわえます。
イカを刻んで加える
 スジと目玉は外してありますが、それ以外はすべて入っているので、スミが破れて真っ黒になってしまいました。

 全体が混ざりましたら、お水を差して強火で沸かします。
お水を差して沸かす
 グワッと沸きましたら火を弱めまして、蓋をして20分、ぽこぽこと炊き上げます。
蓋をして20分
 始めは音がグツグツですが、やがて静かになってきます。パチパチと鳴ってきたら焦げはじめますのでヤバイです。

 さて炊き上がりました。
まずそうな炊き上がり
 お世辞にも美味しそうとは言えない炊き上がりです。

 これをこのまま食卓に持ち込みまして、ひとりビールを飲みましょう。
鍋ごと食卓へ
 見た目は悪いが、食べれば中々の美味しい米料理です。ときどき堅いお米がグぐっと歯に挑んできて、噛めば噛むほど香ばしく、イカの旨みが染み渡ります。意外にもこれほど煮込んだイカが固くなってないのが嬉しい。かなりソフトな歯ざわりです。

 そして、お焦げもおいしいよ、とばかりに鍋底をめくってみたが
イカスミかただの炭か
 真っ黒で、もうこうなると、イカスミだか、ただの炭だかわからなくなってしまいました。

スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/09(日) 14:54:53|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 206 | ホーム | 食味雑記 426>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/991-5e68d793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR