FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 432

目黒のさんま

 「斯様な晴天の折、屋敷に居るのは無聊であるな」
 …と、気ままに馬を駆り立てまして風光明媚な目黒まで赴き、腹が減ったとお付きの家来を困らせる。我が儘な若殿様が初めて口にした秋刀魚の味の美味さを謳った、おなじみ落語の『目黒のさんま』でございますが、今日はまさに秋の秋刀魚日和。(そんな日和があるのかよ)

 七厘コンロを持ち出しまして炭火をおこし、秋刀魚を三本焼きました。
サンマを七厘にかけます
 この七厘コンロというものは、炭が起きますと内壁そのものが真っ赤に燃えて自分が燃料と化し、火持ちが長く、火力も強い優れものです。一銭いらねえ七厘の炭で煮炊きができるというところから“七厘焜炉”とよばれたとかどうだとか。この場合の七厘は通貨単位ですね。

 ちりちり、パチパチと焼けてまいります焼き面を下から覗けば
プツプツとした焼き目
 フツフツといい~ぃ加減で焼けております。さすが炭火の威力。

 魚を裏返しまして、両面炙りましたら、頭を下に向けしばし逆さ焼き。
口から汁気を吐かせます
 口から余分な水分を吐かせます。ポタポタと汁がしたたります。

 水を出したら仕上げの焼きにかけますと
油がもれるとボっと燃え上がる
 油がもれてボっ!と燃え上がったりします。そしてその返り煙で秋刀魚に薫香がついて、それもまた味の助けになるんです。

 秋刀魚三本焼けました。いえ、もちろん一人で食べるのではありません。家族三人分です。
大根おろしと味噌汁
 そこに手製の大根おろし。先ほど獲ってきた掘りたて大根の甘いの何の。先っぽの細いところと葉っぱの味噌汁をつけまして、贅沢なお昼ご飯の出来上がりです。

 女房と娘は焼きたてご飯で。
 私は自分用に取り分けて、清酒を一杯。
私は清酒で
 まずは一番太った背の身をひと箸つけて口へぽい、ほこほこっとして脂がにじむ、そして皮の香ばしさ、たまらぬ美味しさに思わず声を出して笑う。
 片面でお酒を飲み、もう半分でご飯を食べた、この秋一番のランチタイムでした。

 お!火がまだ残ってる。勿体ないからヤカンのお湯でもかけておきましょう。
 





スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/16(日) 16:04:58|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<玩具工作控 208 | ホーム | 菜園記 90>>

コメント

大根おろしは「鬼おろし」を使うとさらに美味しいのです
本格的な手作りの竹製のやつはお高いですが、最近は安価なものが100円ショップでも売られていますし、機会があればお試しあれ
  1. 2014/11/17(月) 00:08:28 |
  2. URL |
  3. #N6kp4qTg
  4. [ 編集 ]

Re:鬼おろし

どなたか存じませんが有難うございます。
なるほど鬼おろしでしたら、さらに大根の存在感を味わえますしね。
今季もう一度くらい焼きましょうかな?
  1. 2014/11/17(月) 09:30:01 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/997-eed4e634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR