FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

東京特撮ツアー

トクサツガガガ展

 行ってきました原宿の街、やって来ましたHNK東京放送局。

NHK放送局

 仕事仲間の特オタおやじ三人組でNHKスタジオパークを訪ねてきました。

 日本の放送関係にちなんだ室内型テーマパークで、大型連休初日ということもあり、お子様連れのファミリー中心に、朝ドラコーナー、声優体験、ためしてガッテンなど、のどかな雰囲気で皆さんたのしまれてました。ただ、この一角だけは、なぜかちょっと居る人々の種類が異なるような…

ガガガ展ポスター

 カメラを構えた眼鏡のおっさんが目立つ。
 今年<2019>の1月に放映されたドラマ10『トクサツガガガ』の展示コーナーです。丹羽庭先生原作の漫画をドラマ化したもので、特オタを隠しながら生きる美人OLのあるある奮闘物語。今回は劇中で使われた美術小道具が多数展示されていました。

 劇中に登場する架空ヒーロー番組『ジュウショウワン』のポスター。

まさに実在するかのような劇中ポスター

 本物そっくり!といっても何が本物なのかわかりませんが、実在しているようなリアリティにあふれています。それも原作者丹羽先生のデザインセンスの良さによるところが大きいでしょう。原作マンガも愛読してますが、登場のたびにデザイン、設定、ネーミングなどなど完成度の高さにニヤけてしまいます。

 劇中ヒーローの武器。

劇中小道具の展示

 精密なフィギュア。

精密なフィギュア

 そして実物のコスチューム。

ジュウショウワンコスチューム

ゲンカ将軍

 等身大の説得力に息をのみます。

 そればかりではありません。
 劇中小物のこだわりも凄いのです。

リアルなお菓子屋

 お菓子の箱も、まるで売っているそのもの、子どもがこじ開けたところまで再現されています。「サーチ禁止」の注意書きもリアルで笑いを誘います。

劇中の架空書籍

 本も架空の物とは思えない出来栄え。書店に置いておいたらそのままドッキリに引っかかってしまいます。

 ほんの数秒しか映らない小道具にリアリティを吹き込んだ美術班のつくり屋魂は、まさしく特撮そのもの。無いものを有るように見せたり、観る者を異世界に誘〈いざな〉う。気がつけば、僕らの目は僕らの体を離れ、完全にガガガの世界の住人になっていました。

エマージェイソンとかのちゃん

 等身大のかのちゃんパネルと、これもまた等身大の劇中ヒーロー『エマージェイソン』。

 東京NHKスタジオパークで開催中の『トクサツガガガ展』は5月6日まで、この期間は入場無料となっています。
 詳しくはこちらをどうぞ。↓
 https://www.nhk.or.jp/studiopark/index.html

 そしてこのあと、おやじ三人組は次のネタを求めて渋谷に向かって歩き始めたのでした。





 


 







 

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/28(日) 11:39:40|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紀行控 30

2019 舎人公園千本桜まつり

 4月7日(日曜日)、東京足立区にあります舎人〈とねり〉公園千本桜祭りに行ってきました。

千本桜祭り

 とはいってもビール片手のお花見ではなく、足立区NPO支援センターの手伝い応援です。
 
 満開の桜と家族連れ、聞けば20万人が集まるイベントだとか。

たくさんの出店

 たくさんの出店、地元農産物即売やら環境関連団体、保健、大道芸、その他諸々たいそうな賑わいです。

満開の桜と家族連れ

 満開の桜と家族連れ、20度を超える汗ばむ陽気の中、ビール売りの誘惑に苦しみながらのイベント応援。出店側の立場からビールが飲めない拷問花見となりました。

 さて、われらのブースです。

我らのブース

 物書きで造形家でもある多賀もちゆき氏が興している『大衆芸術開拓組合』、内容的には過去ログで控えたものと同じなので、ご覧になられた方には重複する場面がございますが、今回は一段とパワーアップ、この場を借りてご紹介いたします。

 まずは過去を語る展示物です。昭和40年代の少年たちが夢中になった怪獣の人形がズラリ。

怪獣ソフビの数々

 それから怪獣関連の発行物を、表紙のコピーでご紹介。

過去の章

 少年まんが雑誌の表紙。

少年まんが雑誌の表紙

 これらの表紙に胸を躍らせ、イマジネーションを膨らませたものです。

 怪獣図鑑の類は宝物でプレゼントの定番、だれも一冊は手にしたことでしょう。

昭和の怪獣本

 ボロボロになるまで読み返してましたっけ。

 時には雑誌の付録に別冊としてついていた小冊子もありました。

付録のまんが

 今では希少なお宝です。

 貸し本市場のまんがをご存知でしょうか。今でいうレンタルビデオ専用ソフトみたいな漫画作品です。

貸本まんが

 僕は利用してませんでしたが、お小遣いで読む漫画はさぞかし有難かったに違いありません。

 そんな環境で絵画や造形に親しんだ僕たちは、やがて大人になり、こういう出版物を作ることになります。

現在の章

 子供のころから培った感性を生かし、子どもたちに伝える側に回ったのです。

總藝舎の恐竜本

 上の恐竜本は、多賀もちゆき氏の執筆、表紙の恐竜模型は僕が、そして中のイラストや図は仲間での共作です。だいぶ昔の発行ですが、当時は若くて夜更かしも楽しかったものです。

 そして現在の活動です。

現在の活動

 これらは多賀もちゆき氏がほぼ一人でやっております。子供やお年寄りに工作や絵画、文章の書き方、その他いろいろ指導しています。詳しくはホームページ『大衆芸術開拓組合』をご覧いただきましょう。

 そんな時!怪獣出現に逃げ惑う人々。

怪獣出現に逃げ惑う人々

 なんて、ふざけましたが、これは今回僕が演じたアメリカゴジラのギニョール。

 こいつを手に持って客寄せ、子どもたちを呼び込んで、ジオラマと怪獣とで記念撮影を楽しんでもらう役目です。

 でも心の中はこう…

僕の配役

 「いい陽気だなぁ、桜も満開、幸せそうな景色だぜ」

 「それだけに…」

僕の配役-2

 「ビールのませろー!」

 といった心境でした。
 
 夕方の4時をもってイベントは終了。片付けの際、展示してあったモデルの中の三体を勝手に撮影。

 多賀もちゆき作、Polar Lights社製『RODAN』

RODAN.jpg

 メタリックブルーの彩色が新鮮です。アメリカ生まれだから目が青い?

 同じくMONOGRAM社製『GODZILLA』

GODZILLA.jpg

 頭と四肢に夜光パーツを用いながら不気味な雰囲気にまとめられています。

 そして『努ブログ』主催の通名努さん作Polar Lights『GHIDORAH』

GHIDORAH.jpg

 丁寧に作りこまれた黄金のドラゴンに息を呑みます。首のうろこは自作だそうです。

 アメリカ生まれの日本怪獣そろい踏み。今年<2019>の夏はこれら三大怪獣が大暴れするハリウッド映画『godzilla king of the monsters』が公開されます。そちらも楽しみです。

三大怪獣そろい踏み

 とりとめのない記事になりましたが、日本には妖怪、怪獣といった豊かなイマジネーションの産物があって、そんな環境に育てられた僕たちが、それぞれが持つ美意識と技能を生かしながら社会のお役に立ちたい。それが希望なのですがはてさて、本当にお役に立っているでしょうか?もしかしたら自己満足かもしれません。でも、この日接したの子どもたちの笑顔をみていたら、少しは役立っているかも?と思いました。





















テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/04/08(月) 10:58:20|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イベント案内

足立区 舎人公園桜祭り

 舎人〈とねり〉って読めます?僕はなかなか分かりませんでした。
 足立区の舎人公園にて行われる桜祭りに『大衆芸術開拓組合』( https://genki365.net/gnka08/mypage/index.php?gid=G0000451)がブースを出すというので、冷やかし半分で手伝いに参加します。

 何をするのかというと、怪獣の人形といっしょに、簡単なミニチュアの前で写真を撮ろうという催しです。怪獣博士、多賀もちゆき氏の貴重な収蔵品も直に見られます。

怪獣と記念撮影

 お祭り自体は4月6日からやってますが、我らが参加するのは7日の日曜日です。

 4月7日 日曜日 午前10時から午後4時
 足立区 舎人公園


 ただ今では、みなさんスマホで写真を投稿してますね。怪獣ネタでもおひとつどうぞ。
 
看板全図

 上の看板を見つけたら、気軽にお声かけ下さい。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/03/30(土) 18:02:56|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大衆芸術開拓組合って?

怪獣気分で記念撮影

 雲を描いた空色の幕に、こんな看板が掲げてあります。

背景の空

 そして、この中からお好きな怪獣を選びまして…

ここから怪獣を選ぶ

 手にはめますと、手だけはスーツアクター気分。

 そして先ほどの空の前に立ち、ミニチュアセットと一緒にポーズを決めて、ハイ、チーズ。

怪獣と記念撮影

 こうやって遊ぶんです。本当は怪獣を持ったお子さんも一緒に写すんですよ。これが『怪獣気分で記念撮影』。

 イベントやおまつりで、こういう出し物を行っているのが『大衆芸術開拓組合』。今日は東京足立区のNPOまつりでの出店でしたが、通常は工作教室や、まんが、文章の書き方などを指導するNPO活動をしています。

 今回は、おまけにこのような展示があったので、ご紹介。

 貴重な古い怪獣書籍。

貴重な書籍

 昭和40年代の怪獣図鑑やその類。

なつかしい怪獣図鑑

 そして怪獣ソフビ人形の数々。

怪獣ソフビたち

 これらは、主催である多賀もちゆき氏の蔵書やコレクションのごく一部ですが、ここまでは過去の章。つまり子供のころ、怪獣の本を読み、怪獣の人形で遊んでいたというメッセージ。

 そして時が経ち大人になる、現在の章。

 多賀もちゆき氏の著作あるいは製作に携わった本の数々。

ケイブンシャの百科シリーズ

 『努ブログ』主催である、通名“努さん”の筆による、怪獣玩具の箱絵。

怪獣箱絵

 そして私が作った恐竜を表紙にしていただいた絵本。

恐竜の本

 怪獣を見て、触って遊んでいた子供たちは、大人になって作る側になりましたという、時の流れです。そして今、冒頭の出し物で現在の子どもたちに遊ばせる未来の章。今日、キャッキャと楽しそうに写真を撮っていた子供たちも、どんな大人になるのやら。
 破壊者ではなく、作り屋になってほしいものです。

 『大衆芸術開拓組合』の活動内容は、こちら↓でご覧いただけます。
 https://genki365.net/gnka08/mypage/index.php?gid=G0000451

 私はメンバーではありませんが、都合がつく場合のみ、手伝いで顔を出すといった程度で関わっています。

 




 


テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/03/02(土) 22:31:59|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紀行控 29

ふるさとの神様

 墨田の実家に行ったので、母と散歩に出ました。墨田といえば、木造民家の密集した下町のイメージが強いようですが、隅田川沿いには、実は広い緑地公園があります。

木々の茂る公園

 木立ちに野鳥がたわむれる、東白髭公園です。子どもたちを伸び伸びと走り回らせることのできる公園ですが、なんと子供が少なくて、私の母校も廃校になるような現状です。公園に隣接する巨大な防災団地には空き室がいっぱいあるようなので、若いご家族にどんどん引っ越してきてもらいたいものです。

 そんな公園の遊歩道を行けば…

広い公園

 地面にハトがいっぱい。
♪ 鳩が飛び立つ公園の、イチョウは手品師、老いたピエロ…♪ なんて歌がありましたけど、こいつらは飛び立たない。

逃げないハト

 逃げないハトたち。

 そんな景色を面白がりながら、緑をながめてぶらぶら行きますと、たどり着くのが隅田川神社。

隅田川神社

 子どものころ遊んだ懐かしい神社で、昔は水神〈すいじん〉様と呼んでました。隅田川周辺を鎮守する水の神様です。

 こちらは神楽殿。

神楽殿

 六月の例祭やお正月には、神楽の舞が披露されます。子供のころはそのお面が怖かった。祭り縁日でお面を売っているのも、それに因んだものだとか、なにかで見たことがあります。

 境内の中の小さな社。左から、粟島社、金神社、天神社。

三柱の神様

 子どものころから中を見たことがありません。一度御開帳の時に訪れてみたいです。

 同じく境内の小さな社に鎮座まします神様というか亀様。

水神様

 これも子供のころと同じだ。怪獣好きな僕はこの彫刻が好きでした。

亀のお姿です

 この石の亀が何を意味するのかは、わかりません。

 境内にはお稲荷様もおわします。
 向かって左が三財稲荷神社、右が若宮八幡神社。

境内社のお稲荷さん

 顔がちょっと怖い、お狐様。

ちょっと怖いお稲荷さん

 後ろには子狐たちが伸びあがっています。

子狐たち

 これはたぶん、民間のやつを奉納したんだと思います。

 どうしても作り物に目が行ってしまう私。

 となりの八幡様には木彫の獅子が…

獅子の彫刻

 小さいけれども見事な彫りです。

 いよいよ本殿にお参りです。

本殿

 背景の首都高速が悲しいですが、現在の場所は40年くらい前に移転された所で、子どものころ遊んでいたのは100メートルくらい南の、もっと木々の生い茂る環境でした。

 本殿の手前には、ふつう狛犬が向かい合っていますが、ここは石亀。

狛犬ではなく亀

 水の神様ですから、使いは亀といったところでしょうか。これも子供のころよく触って遊んでいました。

お賽銭が乗っています

 お金が置いてあるのも昔と一緒。しかし頭の上に一円玉を乗せた亀はユーモラスです。

 お参りをして、またもや彫刻に目をやりますと、本殿正面に大きな竜が彫られています。

正面の龍

 左右にも竜がにらみを利かせています。

本殿の龍

龍の迫力

 ふるさとの神様たち。今は11月、七五三のご家族が一組おられました。かくいう私も水神様に七五三をお参りした口です。あれから50年、可愛い少年はおかしなオッサンに変貌してしまいましたが、変わらないのは母の怖さと小言です。









 



 







 





テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/11/03(土) 22:34:35|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (32)
料理・食 (1692)
時計 (242)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (580)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR