柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 144

シチズン マスター

 またまたジャンク時計の解剖探検であります。

 今回はシチズンマスター。

1-ジャンクのマスター

 毎回同じようなデザインを買ってしまいますが、好みですからしょうがない。
 今回の品は値段の割に外装の状態がよろしいのですが、リュウズがありません。

2-りゅうずがありません

 結構致命的ですが、そこは後ほど策を講じましょう。

 裏の刻印です。

3-裏の刻印

 製造番号が“J1”で始まっていますから、1961年1月とあたりをつけますと、シチズン60年代の名機ホーマーのデビュー年月とはまります。さて、この辺の情報は毎度ですがトンボ出版刊『国産腕時計8 シチズン新本中三針』を参考にしております。

 蓋を開けてみましょう。

4-裏蓋を開けました

 機械は、以前控えたシチズン新本中三針(S中三)の系列です。 (時計道楽125)

 さて、ここからが難しい。りゅうずは紛失、巻真は途中で折れている。いかにして中身を取り出すか?
 おしどりレバーがねじ式であるのが幸い、ねじをゆるめ、狭い隙間にピンセットを滑り込ませ、巻真を少しづつ外にずらしていきましたら、ポロリ。

5-巻真がとれました

 外れましたがなあ。

 ここでベゼルを外します。

6-ベゼルを外しました

 時代にしては良い状態の文字板です。
 デザインは当時の言い方で二段干支〈にだんえと〉。中央部と外周部に段差があるタイプです。時針の回る中央部をグラウンドとして、分針の回る外周部を一段上げる。段差を生かして時字を放射状にダイヤカットして輝かせる技法。空間を上手に生かした品の良いデザインです。

7-文字板のデザイン

 ここで中身を取り出し、文字板を外しました。
 そしてこの後、機械をいじるため、とりあえずのりゅうずを装着。

8-とりあえずのリュウズ

 機械を見ましょう。
 まずは文字板側。

9-文字板側ムーブ

 まさしくS中三針と共通です。ですが残念ながら規制バネ(りゅうずのステップを決める板バネ)が折れてます。

 表側はこうです。
 りゅうずを巻いたら動き始めちゃいました。(笑)

10-ムーブ表側

 トンボの本によりますと、他の同系機種とマスターの識別は「“3ADJ”とロットナンバーが刻印されているところ」とありますから、本機はマスターに間違いなし。
 
 次回は分解探検とまいりましょう。









 




 


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/18(水) 11:42:54|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親父の仕事

祝い花ボトル

 実家を荒していたら、またまた珍品発見。

 この牡丹の花景色は、蒔絵師だった父の仕事。

牡丹の蒔絵

 黒いキャンバスは、漆の塗りものではなく、ウイスキーのボトル。

オールドのボトル

 サントリーオールドのメインラベルを濡らして剝がし、代わりにお花を描いたというわけです。
 これは父が飲食店(主に飲み屋)の開店祝いなどに用いていた祝い瓶で、蒔絵師をやめた後もラッカーを持ち出し作っていましたっけ。
 



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/17(火) 11:47:23|
  2. 雑貨・珍品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1218

ポークカレーライス

 またまたカレーの話です。
 子どものころ、カレーのお肉と申しますと、もっぱら豚の細切れ肉でしたが、テレビのコマーシャルでは塊肉がおいしそうに持ち上げられます。今日は念願のブロック肉を用いまして、カレーライスをこしらえましょう。

 ここで取り出しましたるは、インドのおみやげ。

インドのカレー粉

 ミックススパイス・パウダー。つまりはカレー粉です。

ブレンドした粉です

 こいつでやってみましょう。

 塩コショウしたお肉。

塩をまぶした豚肉

 脂をこそげて熱します。

豚で脂をだす

 滲んだ脂でお料理、豚で豚を焼く寸法です。

 ニンジン、タマネギとともに放置焼きです。

放置焼き

 シャカシャカ炒めないで放置しまして、焦げた部分と生っぽい部分を作っています。

 焼けたらお鍋で煮込み。

煮込む具材

 味付けにコンソメの素が忍ばせてあります。

 こちらは空いたフライパンに三色の粉。

三種の粉

 白は小麦粉、黄色はお土産のカレー粉、茶色は上野アメ横で買ったスリランカブレンドのカレー粉。

 これらをパラパラ、しtっとりと弱火で炒めます。

弱火で炒める

 ここに先ほどのスープを少しづつ注いで滑らかソースの素をこしらえます。

スープでのばし練る

 のばしたらお鍋のスープに溶かして煮込みます。

 とろみがつくまで煮込む

 仕上がり15分前に大きめのジャガイモを加えました。

 これで出来上がり。

ポークカレーライス

 ポークカレーライス
 コマーシャルみたいにはなりませんでしたが、大振りお肉のカレーです。

美味しいカレー

 やはり日本のカレーライスは白いご飯で食べるのが一番。飲み込む快感はどなたもご存じのことでしょう。
 ただ今では、一人前ずつになった便利なレトルトカレーも種類が豊富で、どれも美味しくできておりましょうが、粉で作るおうちのカレーも素朴でいいものです。















テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/16(月) 11:33:30|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 249

雨の中

 葉物がないのよ… というので、ホウレンソウをとりに行きました。

 こんなに生い茂る葉物野菜たち。

葉物野菜

 ここからホウレンソウを一把、引き抜きました。

 それとサニーレタスを少し。

レタス

 若いせいか葉の肉が薄くて柔らかいです。

 収穫はまだまだ先ですが、ハクサイをチェック。

ハクサイ

 大根はまだ牛乳瓶ほどの太さです。

ダイコン

 雨の中の野菜チェックでしたが、雨によろこぶのはこの方。

雨に喜ぶカエル

 まるまると太った緑のアマガエル。
 彼らが虫から野菜を守ってくれているのです。




テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/15(日) 15:29:52|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 460

バンダイ ゼットン 13

 宇宙恐竜ゼットンの展示台を作っています。え?いつまでかかってんだ!って?ええ、気の向くままにやってます。

 今回はそうとうクラシックなやり方で木を一本こしらえます。

 針金です。

細い針金

 細いほうがいいですねえ。パチパチと5,6センチ長さに切ってゆきます。

たくさん切って

 何本切るか?
 切った数が枝の数、束ねる太さが幹の太さになります。
 トントンと端をそろえて…

下をそろえて

 手前から撚〈よ〉ってゆきます。

よってゆきます

 あるところで枝分かれをさせます。

枝を分けます

 枝もさらによじって成型。
 そのあとさらに小枝に分けます。

さらに小枝を分けます

 これでよろしいのです。樹形の芯の出来上がり。

樹形の芯ができました

 樹形は様々、好みで作りましょう。今回は一般的な広葉樹のイメージです。こういう時に若いころ盆栽をやってた経験が生きてきます。

 ここに樹皮を貼りましょう。
 まずは木工用接着剤を芯に塗りまして…

木工用ボンドを塗って

 指で伸ばしたら、細く裂いたティッシュペーパーを巻き付けます。

ティシュペーパーを巻きつけます

 ここでも幹の太さを調整できるので、お好みの形を求めましょう。しかし!トイレットペーパーはいけません。水性に溶けやすいため、メチャメチャのベタベタになってしまいます。

 ここで一日乾燥させましょう。

ティッシュを乾かします

 乾きましたら、生地作りです。毎度おなじみのカシュー塗り。

カシュー塗り

 今回は飴色の透〈すき〉を塗りました。

乾かしましょう

 これでしばし固めましょう。

 今回はこの辺で。













 




 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/14(土) 11:10:15|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
料理・食 (1222)
時計 (144)
家庭菜園 (248)
玩具・遊び (451)
暮らし・修理 (43)
金魚・生き物 (112)
雑貨・珍品 (17)
健康 (79)
見聞・出歩き (38)
視聴鑑賞 (21)
花・園芸 (43)
劇場シリーズ (22)
プロレス (23)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR